デジスコア・シリーズ KR107R

磨きあげた音とタッチ。さらに「デジスコア」と「自動伴奏」で弾く楽しさが大きく広がるモデル。
商品名
デジスコア・シリーズ KR107R
定価
オープン価格
幅/高さ/奥行
1,421 / 1,116 / 550(mm)
重量
84(kg)
カラー
マホガニー調仕上げ
接続端子
外部メモリー端子、USB(MIDI)端子、フロッピーディスク・ドライブ接続端子,外部VGA端子(15ピンD-Subタイプ)、ビデオアウト端子,アウトプット端子(L/Mono、R):標準タイプ、インプット端子(L/Mono、R):標準タイプ、ヘッドホン端子×2:ステレオ標準タイプ、MIDI端子(In、Out)、マイク入力端子、ACイン端子
音色数
6グループ747音色(トーンホイール・オルガン8、ドラム・セット17、効果音セット1含む)、条件検索/文字検索機能 GM2システム/GSフォーマット/XG lite対応
鍵盤数
88
消費電力
155W
付属品
クイック・スタート、楽譜集「ローランド クラシック名曲60選」、電源コード、ヘッドホン、ヘッドホン・フック、リモコン、乾電池、USBメモリー盗難防止ロック用ネジ、専用高低自在椅子[460(幅)×300(奥行)×440~520(高さ)mm]

電子ピアノ.comスタッフが弾いてみた感想・評価

電子ピアノ比較チャート
一鍵一鍵の音のちがいまで美しく響かせる「88鍵ステレオ・マルチサンプリング・ピアノ音源」、アンサンブル楽器に囲まれて演奏しているような臨場感を生み出す「アドバンスト3D」を搭載。

最高級グランドピアノをお手本に、白鍵には象牙の、黒鍵には黒檀の手触りと弾き心地を再現した「アイボリー・フィール鍵盤」を搭載しています。

音質と鍵盤にこだわりがある方にオススメです。

鍵盤の特徴

低音域はずっしり、高音域は軽やかな弾き心地。弱く弾いたときにはすっと沈み、強く弾いたときにはしっかりした手応えを感じるという、グランドピアノ特有のタッチを再現しています。また、進化したPHAⅡ鍵盤では手応え感がさらにアップし、ピアニシモからフォルテシモまでの表現力がいちだんと豊かになりました。最高級のグランドピアノをお手本に、白鍵には象牙の、黒鍵には黒檀の自然な風合いと触り心地を再現した吸湿性のある新素材を採用。100段階でタッチの調整が可能。

デジスコア・シリーズ KR107Rのデザイン

最高級のグランドピアノの弾き心地を実現するために、白鍵には象牙、黒鍵には黒檀の自然な風合いと手触りを再現。アコースティック・ピアノと同様「基材+表面材」の2ピース構造の白鍵で、見た目もアコースティック・ピアノそのものです。

デジスコア・シリーズ KR107Rの特徴

最高級のピアノ・クオリティと、デジタルならではの楽しさを広げる多彩な機能で、初心者から上級者までご満足いただける一台です。フルコンサート・グランドピアノの特性を徹底追求して創り上げた、88鍵ステレオ・マルチサンプリング・ピアノ音源です。グランドピアノを忠実に音とタッチを再現しました。

さらに、タッチ・パネル式大型液晶に譜面を表示。画面上の音符に触れると音が鳴る「おんぷにタッチ」機能や、左手で簡単なコードを弾くだけでさまざまなジャンルの伴奏が自動的についてくる「自動伴奏」など、幅広くお楽しみいただけるデジスコア・シリーズのフラッグシップ・モデルです。パソコンやiモード携帯の赤外線通信でミュージックデータをダウンロードできます。

「自動伴奏」や伴奏付きの内蔵曲と一緒に奏でれば、本体スピーカーのみでアンサンブル楽器に囲まれて演奏しているような迫力を体験することができるのが「アドバンスト3D」が搭載されています。

デジスコア・シリーズ KR107Rの口コミ(1)

  1. 仲野 より:

    5歳の娘が、音楽教室で本格的にピアノを習うということで買いました。
    せっかくの高価な買い物なので、ピアノの嗜みが全くない私でも楽しめる機種を、ということでKR107Rにしてみました。
    YAMAHAのPCV-407と迷いましたが、デジスコアと自動伴奏機能、6スピーカーのリアルな音響、そして機能・スペックの割にリーズナブルな価格が決め手となりました。
    娘が楽しそうにピアノを弾いているのを見ると買って良かったなと思いました^^

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>