XLR端子

XLR端子の特徴

音声端子。
XLR端子(XLR Connector)は、ITT-Cannonが開発したバランス音声用アナログ端子で、XLRは登録商標名。
キャノン端子(Cannon Connector)や、バランス端子(Balanced Connector)とも呼ばれる。
バランス(平衡接続)とは、元の信号と逆位相の信号を対にして別々の電線で送ることを意味し、ノイズ耐性を高めることができるため、
しばしば長距離伝送に用いられる。

1本のケーブルで1チャンネルの音声を伝送します。級AV機器やマイクロフォン等に用いられる。
一般的に、機器側のXLR端子は「XLR端子」や「BALANCED」などと表記されている。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>