XGlite音源

XGlite音源の特徴

音色配列、エフェクト、音色エディットのパラメータ等を統一し、ヤマハ製の他の音源モジュールやシンセサイザーでも伴奏データをほぼ同一の音色で再生可能にすることを目的に制定された規格である。

XG liteはXGフォーマットの簡易版。そのため、コントロールできるパラメーターやエフェクトなどに一部制限があるため、「XG」のソングデータが元のデータと異なって聞こえる場合がある。

ヤマハのPORTATONEの音源に採用されている。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>