PCM

PCMの特徴

デジタルシンセサイザーの音源方式のひとつ。

コルグから発売されたシンセサイザーであるM1に採用され、後に電子ピアノやシンセサイザーなどの電子楽器の音源方式のひとつとして広く普及している。

ヤマハのAWM2音源、ローランドのRS-PCM音源、LA音源、コルグのaiスクエアシンセシスやAccess、HIなどと呼ぶ音源方式はいずれもPCM音源である。
このように、PCM音源は楽器メーカーによって独自の名称が用いられることがある。

PCM音源の長所は、メモリの量が十分あれば任意の波形を発音できること。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>