アコースティックピアノ

アコースティックピアノの特徴

弦をハンマーで叩くことで発音する鍵盤楽器の一種。
また、内部機構の面からは打楽器と弦楽器の特徴も併せ持った打弦楽器に分類される。

電子ピアノに対して「生ピアノ」と呼ばれる。

名前の由来はイタリア語で「弱い音と強い音の出るチェンバロ」という意味の「クラヴィチェンバロ・コル・ピアノ・エ・フォルテ」であり、徐々に省略され「ピアノ」と一般に呼ばれるようになった。

日本には、ドイツの医師・博物学者のシーボルトによって初めてピアノがもたらされた。
日本では最初、「ピヤノ」と表記されていた。

アップライトピアノとグランドピアノの2種類がある。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>