ベーシックキーボード WK-210

76ピアノ形状鍵盤で表現力がさらに豊かに。 演奏をより楽しむための機能も充実。
商品名
ベーシックキーボード WK-210
定価
44,100円
幅/高さ/奥行
1,187 / 155 / 400(mm)
重量
7.2(kg)
カラー
シルバー
接続端子
ヘッドホン / 出力(標準ステレオジャック)、サスティン / アサイナブル、オーディオ・イン、マイク入力、USB、外部電源(DC9V)
音色数
570内蔵音色(ステレオサンプリングピアノ音色、128GM音色、17ドラムセット含む)
鍵盤数
76
消費電力
7.7W
付属品
楽譜集、譜面立て、ACアダプター、日本語操作シート

電子ピアノ.comスタッフが弾いてみた感想・評価

電子ピアノ比較チャート
簡単に持ち運べること、自動伴奏機能や録音機能、好きな音を録って楽しく遊べるサンプリング機能などのエンターテイメントに力を入れています。
価格はキーボードとしては、少々高めのような気もしますが、機能の充実性を考えると妥当だと思われます。
けれども、本物のピアノのような音や弾き心地に注目してみると、電子ピアノのほうが評価が上になります。本格的にピアノを弾きたいという方よりも、電子楽器を楽しみたいという方にピッタリです。

鍵盤の特徴

76鍵盤。弾きやすさとリアルな演奏感にこだわったピアノ形状の鍵盤を採用。タッチレスポンス(強弱付き鍵盤)を搭載。

ベーシックキーボード WK-210の特徴

ステレオグランドピアノ音色をはじめ、内蔵音色のクオリティがさらに進化した「高音質AHL音源」を搭載。多彩な演奏に対応する、高品位な570音色を内蔵し、よりリアルで豊かなアコースティックサウンドを実現しました。

また、内蔵された180リズムから好きなリズムを選び、左手でコードを指定するだけで、ドラム音やベース音、コード楽器の伴奏が自動的に付いて、初心者でも簡単にバンドやオーケストラのような演奏が可能です。

76鍵盤で表現力がさらに豊かになり、幅広い演奏に対応出来るようになっています。

また、鍵盤は弾きやすさとリアルな演奏感にこだわった「ピアノ形状の鍵盤」を採用。アコースティック・ピアノのように音の強弱をタッチの強弱で表現できるタッチレスポンス(強弱付き鍵盤)も搭載しています。

演奏やレッスンに役立つ情報をわかりやすく表示する大型液晶画面が、快適な操作をサポート。

ベーシックキーボード WK-210の口コミ(1)

  1. ルミ より:

    私たちのガールズバンドが学園祭のライブステージに出場することが決まりました!
    いつもWK-210で練習しているんですよ!
    色々な音も出せるので、お遊びにも使えて楽しいです♪

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>